FC2ブログ
  • «
  • 2019'09:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

眠れないからマイクラしてたら 驚くべき結末が…

ダンジョンの最上階攻めてた。
なぜ、地中を勝手に掘っているだけなのに最上階だと分かったかというと、
天井に開いた穴から水が滝となって流れ落ちてくる場所で、
何とか穴を上手く塞ごうと泳いで上がっていったら、

穴の外は、外界の海だったからだ。
中立モブキャラのイカが泳いでいた。

オッケー最上階から全部網羅してやりましょう、と走り回っていると、
新たな領域発見。しかも上下に伸びている!
まだ上がある!(ということはその地点は陸上ということである)

上に未踏破領域が開けていると、暗所で湧いたモンスターが落下してくるので、
真っ先に登って行って松明を灯して回る。
闇の奥は何も見えないに等しいので、モンスターにタゲられないように
大急ぎで奥まで走り抜ける。正直怖い。スリルある。

だけど今回は……あれ……?登ったけど、、また降りて……
下の方に明かりが灯っているぞ……?
簡素な扉までついている……

こ、これがうわさに聞くモンスターハウス? ボス部屋?
とビクビクしながら扉を開けて進む。
既に松明が整然と灯されていて明るい。
それに、家畜の鳴き声がする。ということは地上が近いということだ。

扉を、全部で3回開けた。
そこは……、

ゲームスタートした直後に、夜の敵を凌ぐために立てた掘っ立て小屋だった。
夜の間はすることがないから床を掘っていたらいつの間にか、
広大なダンジョンになってしまい、しかも本物のダンジョンに接続してしまった為、
自分で3箇所も扉を立てた、始まりの場所だった。
このブログの「マイクラ日記」タグの最初の記事で書いた、変なエネミーが怖くて立てた扉だったのだ。
その扉を、内側から自分で開けて外に出ることになるとは……。

隣の島で最初から眼下深く切れ込んだ谷を更に掘って進入したダンジョンが、
最初の家の地下に繋がってるって、そんな偶然、ありなんだろうか…

やっぱりこの世界はエンダーマンさん(照準を合わせなければ攻撃してこない背の高い妖精さん。
いつもピンクの小花を振りまいている。いつも独り言言ってる)の手の内なんだ……
彼はいつも整地してるけど、ダンジョンも整合が取れるように作られているんだきっと!><
(多分そんなこと全く無い)

感動した!

さー次は新しい領域の下を照らさなきゃ……
入り口どこら辺かなー……

スポンサーサイト



半分リアルな喪失感…

ちょっと聞いてくださいよ…なりきりでなくマインクラフトの話ですけど…

フィールドに、妙に最初から懐っこい兎が居て、家の扉を開けたら中に入ってきてしまった。家中を跳ねまわる。
ポリゴンのウ◯チのような土埃(に違いないきっと)を撒き散らしながら。
餌のタンポポをやるとハートのエフェクトを大量に出してついてくる……可愛い……
一度、外に出たそうに扉の前に立ったから開けてやったら、一度出て、少し跳ねてから、すぐ中に戻ってきたのは衝撃だった。

外の作業から帰ってきてみると、いつも2階への階段を登るのに失敗して滑り落ち同じ箇所をぴょんぴょん飛び回っていた。
私が2階で手に好物のタンポポを持つと、良い確率で上に上がってこれるのだが、それ以外では中々難しいようで、
とうとう階段に壁を付けることにした。本当は無い方が開放的で良かったんだけど……
この子が1人で上に上がれるようにするためには……と。

...Open more

本当にやってみた

マインクラフト本当に始めてみた。新しいゲームは熱中するよね。

ちょいはまり。

適当に自宅を立ててエネミーを遮断してから、屋内の床をどんどん掘っていったら……

強そうなエネミーが……地下の奥に……回廊があってその奥に……

扉を作って持って行ってて幸いした……

最初に見た時、綺麗に四角く壁に穴が空いてたから、外部に繋がる窓が空いてるんだと思って、引き返して扉作ったんだよ……

んで、嵌めようと、窓の前に立ったら……

奥の暗がりから白い……何だあれ……ミイラ? リッチ? 正面から歩いてきた……

速攻で扉二枚立てて帰ってきた。扉をこするようなカリカリ言う音が恐怖。

当分楽しめそう。
New «∥Top∥» Old